Scuttle Buttin'(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)

スピード感あふれるブルースロックな名曲!

曲名:Scuttle Buttin’
演奏者:スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan) ←クリックでギタリスト紹介へ
楽器:エレキギター(band)
収録CD:「Couldn’t Stand the Weather
難易度(10段階):5
ジャンル:ロック
効能:ノリ↑↑

スライドと開放弦を交えたフレーズは勢いがあってとてもカッコいいです。
スティーヴィー・レイ・ヴォーンは1954年にアメリカのテキサス州で生まれたブルースギタリスト。
多くのギタリストに影響を与え、アンディ・ティモンズの「I Remember Stevie」や以前このサイトでも紹介したスティーヴ・ヴァイの「Jibboom」などこの「Scuttle Buttin’」にインスピレーションを受けて作られた曲もあります。

演奏動画


この軽い音色がいいですねー

参考までにアンディ・ティモンズの「I Remember Stevie」です。


「1:09」あたりからおなじみのフレーズが出てきます。

収録CD、楽譜、関連書籍

収録CD「Couldn’t Stand the Weather
Couldn't Stand the Weather (Legacy Edition)1984年発売、ブルース全開のアルバムです。「スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル」名義での2ndアルバムで、ゴールド・ディスクを獲得しています。

書籍「ヤング・ギター[コレクション] Vol.9 スティーヴィー・レイ・ヴォーン
ヤング・ギター[コレクション] Vol.9 スティーヴィー・レイ・ヴォーン (ヤング・ギターコレクション)スティーヴィー・レイ・ヴォーンの代名詞“#1”を始めとした84~85年時の使用ギター一挙、バイオグラフィー、1985年の来日インタビューから1989年のラスト・インタビューまでを完全掲載、1971-1990 完全ディスコグラフィーなど、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの軌跡を詳細に知ることが出来ます。

書籍「スティーヴィー・レイ・ヴォーン/魂への帰還
スティーヴィー・レイ・ヴォーン/魂への帰還スティーヴィー・レイ・ヴォーンの伝記本です。11歳で思いのままにギターを弾き、ギターと共にドラッグとアルコールに溺れた日々、その地獄からの再生、1990年の悲劇的な最後まで、波乱に富んだ人生が克明に描かれています。

あわせて聴きたい

Jibboom(スティーヴ・ヴァイ)
スティーヴィー・レイ・ヴォーンの「Scuttle Buttin」にインスピレーションを受けて作られたスピード感のある名曲。 曲名:Jibb...
Groove Or Die(アンディ・ティモンズ)
曲名:Groove Or Die 楽器:エレキギター(band) 演奏者:アンディ・ティモンズ(Andy Timmons) ←クリックでギタ...
The Bash(Dixie Dregs/スティーヴ・モーズ)
曲名:The Bash 演奏者:スティーヴ・モーズ(Steve Morse) ←クリックでギタリスト紹介へ 楽器:エレキギター(band) ...
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

Scuttle Buttin'(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告

コメント

  1. akky より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    カッコいいですよね~
    このアルバムも結構聞いてましたが、Texas FloodのLennyみたいなスロウな曲も好きです。

  2. ofuru より:

    SECRET: 0
    PASS: 5fadf665824ff733f0a04c91ef1fbfed
    Lennyも味があってカッコいいですよね~
    何回も繰り返し聴き返してしまうような魅力がありますよねー