Kick It All Over(グレッグ・ハウ)

曲名:Kick It All Over
演奏者:グレッグ・ハウ(Greg Howe) ←クリックでギタリスト紹介へ
楽器:エレキギター(band)
収録CD:「Greg Howe
収録DVD:
難易度(10段階):7
ジャンル:ロック
ファンキーなロックの名曲!サビのタッピングを駆使した流れるようなアルペジオがカッコいいです。
シャッフルのノリが聴いてて気持ちいいですねぇ。
演奏動画



見どころは「0:44」からのサビでのアルペジオですね。タッピングを使って音がいっぱい詰め込まれている感じもするんですが、めちゃくちゃな印象は受けずきちんと歌えるようなフレーズになっているのがいいですね。譜割りがきっちりしているのも流れるようなアルペジオに聞こえる一因ではないかと思います。
アドリブソロが終わった「3:26」あたりでは「Yeah~」と歓声を入れてたい感じが出るくらいテクニックを見せ付けて弾ききっていますね。カッコいいです。
最後に「4:25」からパッと雰囲気が変わってエンディングを迎えるところも好きです。
収録CD


収録CD「Greg Howe
Greg Howe1988年発売。
グレッグ・ハウが「HOWEⅡ」の解散後に発表したソロアルバムです。

1.Kick It All Over 2.The Pepper Shake 3.Bad Racket 4.Super Unleaded 5.Land Of Ladies 6.Straight Up 7.Red Handed 8.After Hours 9.Little Rose


あわせて聴きたい


Jump Start(グレッグ・ハウ)
Scarified(ポール・ギルバート)
Juice(スティーヴ・ヴァイ)
Room 335(ラリー・カールトン)
Cliffs of Dover(エリック・ジョンソン)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告