Proto Cosmos(アラン・ホールズワース)

アラン・ホールズワースのレガートなフレーズが光るフュージョンな名曲!

曲名:Proto Cosmos
演奏者:アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth) ←クリックでギタリスト紹介へ
楽器:エレキギター(band)
収録CD:「Then Live in Tokyo 1980」「Believe It
難易度(10段階):7

アラン・ホールズワースが独学でギターを練習した方法が驚きで、ジャズのサックスのプレイをコピーしていたという異色の練習法。オリジナリティあふれるなめらかなプレイは、この類稀なる練習から生み出されたようですね。
確かに管楽器をイメージして聴くとしっくりくる気がします。

この曲は、伝説のドラマー「Tony Williams」のバンド「The New Tony Williams Lifetime」に参加していたキーボーディスト「Alan Pasqua」の作曲で、アラン・ホールズワースはギターで参加しています。

演奏動画


「0:25」からがアドリブソロ、指長いですねー。うねうね感が最高です。
「2:10」からはキーボードのソロ。
それにしても、スタインバーガーが似合いますねぇ。

↓参考に他のギタリストの演奏もどうぞ。

演奏メンバーはギター「グレッグ・ハウ」、ベース「櫻井哲夫」、ドラム「デニス・チェンバース」、キーボード「小野塚晃」。
グレッグ・ハウの方がロック的なアプローチなので聴きやすいかもしれませんね。
というか、この動画だとドラムが気になってしまってギタープレイに集中できない(笑)
デニス・チェンバース、カッコ良すぎです。

収録CD、関連書籍

収録CD「Then Live in Tokyo 1980
Then Live in Tokyo 19802003年発売のライヴアルバムです。

収録CD「Believe It
Believe It1975年発売。
ドラマーのトニー・ウイリアムスが第1期「ライフタイム」を解散し、新メンバーを加えて再結成した「ニューライフタイム」によるファーストアルバムです。
メンバーはアラン・ホールズワース(ギター)、アラン・パスクァ(キーボード)、トニー・ニュートン(ベース)。

関連書籍「ジャズギター・ブック (Vol.15) シンコー・ミュージックMOOK
ジャズギター・ブック (Vol.15) シンコー・ミュージックMOOKジャズ・ギターに関するプレイ&ハードを徹底研究するムック第15弾。
特集1としてアラン・ホールズワースを核とした超絶スーパー・テクニカル系ギタリストを大フィーチャーしています。ホールズワースのインタビュー、本人解説ディスコグラフィ、使用楽器の変遷、奏法分析など、ホールズワースの記事が全24ページあります。

あわせて聴きたい

Jump Start(グレッグ・ハウ)
曲名:Jump Start 演奏者:グレッグ・ハウ(Greg Howe) ←クリックでギタリスト紹介へ 楽器:エレキギター(band) 収録...
Room335(ラリー・カールトン)
ドライブで聞きたいフュージョンの名曲! 曲名:Room335 楽器:エレキギター(band) 演奏者:ラリー・カールトン(Larry ...
Manhattan(エリック・ジョンソン)
お洒落なミドルテンポのフュージョンの名曲! 曲名:Manhattan 演奏者:エリック・ジョンソン(Eric Johnson) ←クリッ...
Race With Devil On Spanish Highway(アル・ディ・メオラ)
曲名:Race With Devil On Spanish Highway 演奏者:アル・ディ・メオラ(Al Di Meola) ←クリック...
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

Proto Cosmos(アラン・ホールズワース)
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告