フランク・ギャンバレ(Frank Gambale)/エレキギタリスト名鑑

『エコノミー・ピッキングで驚異のスピードを実現した異次元級のギター・センス』
出生:1958年12月22日
出身地:オーストラリア キャンベラ
ジャンル:ジャズ、ロック
活動バンド:CHICK COREA ELEKTRIC BAND,GHS,solo,他
主な使用ギター:ヤマハ・シグネチュア・モデル、他


おすすめCD


Live/FRANK GAMBALE(’89年)
Live
おすすめ動画


Spike’s Song

略歴


フランク・ギャンバレは、ギターを始めた7歳当初、ジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトン、ピーター・グリーン等といったブルース主体のロック・ギタリストに夢中になっていたがハイスクールに入った頃からスティーリー・ダンやチック・コリアのようなフュージョン・スタイルの音楽を聴くようになった事で、本格的にギターを学ぶ事を決め、’82年にL.A.に渡ってGITに入学。優秀な成績を収めて卒業した彼は、同校の講師となっていた。
同時期にプロ・ミュージシャンとしてのバンド活動も精力的にスタートさせ、’85年に1stソロ『BRAVE NEW GUITAR』を発表。彼の提唱する“エコノミー・ピッキング”という速弾きスタイルを実践したこのアルバムで驚異的なテクニックと多彩なフレージングがフュージョン界に旋風を巻き起こした。さらに翌’86年にはジェフ・バーリン(b)のアルバムやジャン・リュック・ポンティ(vln)のツアーに参加し、同年10月にはチック・コリア・エレクトリック・バンド(CCEB)への加入で名を上げている。
ブレイヴ・ニュー・ギター
CCEBでの活躍と並行してソロ活動も歩みを止める事はなく、豊かな表現力と圧倒的なスピード感溢れるプレイは世界的に評判となり、トップ・フュージョン・ギタリストとして注目を集めるようになる。
これ以降、フランクは数多のプロジェクトに参加。’90年からは元ジャーニーのスティーヴ・スミス(dr)と組んだヴァイタル・インフォメーションやGHSでもアルバムを発表した事がその代表的な一例だろう。また“Legato”レーベルの社長マイク・ヴァーニーが仕掛けたMVPでは2枚のアルバムを発表。’90年の1st『Truth in Shredding』ではアラン・ホールズワースと、’91年の2nd『Do It to Me』ではブレット・ガースド、ショーン・レインとギター・バトルを繰り広げた。
Truth in Shredding
近年もアコースティック路線に傾倒したソロ作品制作を進める一方、多方面での活躍を続行中だ。また’11年、リターン・トゥ・フォーエヴァーのツアーに参加し、かつてのアル・ディメオラの役所を務め上げた事も記憶に新しい。
当サイトで紹介したフランク・ギャンバレの名曲


The Great Explorers(フランク・ギャンバレ)
Spike’s Song(フランク・ギャンバレ)
←エレキギタリスト名鑑一覧へ戻る

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告