Pachelbel’s“Loose”Canon(ヨハン・パッヘルベル/編曲 LAGQ)

曲名:Pachelbel’s “Loose” Canon
作曲者:ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel)
編曲者:ロサンゼルス・ギター・カルテット(Los Angels Guitar Quartet/LAGQ)
楽器:クラシックギター(Quartet)
収録CD:「For Thy Pleasure
収録DVD:「Lagq Live
難易度(10段階):6
クラシック音楽をカッコいいアレンジでリメイクした名曲!
元となった曲はバロック時代の作曲家パッヘルベルが作曲した「カノン」という曲です。

カノン(canon)は、複数の声部が同じ旋律を異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲を指す。
一般に輪唱と訳されるが、輪唱が全く同じ旋律を追唱するのに対し、カノンでは、異なる音で始まるものが含まれる。
また、リズムが2倍になったり、上下または左右(時間の前後)が逆になったような特殊なものをも含む。
有名な『パッヘルベルのカノン』(パッヘルベル)は、3つの声部が全く同じ旋律を追唱し(ただし同時に終わるために最後がカットされる声部がある)それに伴奏が付けられたものである。
カノン (音楽) – Wikipedia

ということで、「カノン」って音楽のジャンルというか形式のことなので世の中には「カノン」という曲はたくさんあるんですよね。
誰もが一度は聴いた事があるメロディと、カノン進行とも呼ばれて現在でも様々な曲に使用されるような王道のコード進行でとてもキャッチーな名曲といえますね。
演奏動画



様々なヴァリエーションが楽しいアレンジになっていて、ノリノリで聴けちゃいます。
スコット・テナントのテクニックが楽しめる「2:58」がイイですね、さりげなくその直前にカポタストを着けてます。
この動画の演奏メンバーは左から、アンドリュー・ヨーク(Andrew York)、ジョン・ディアマン(John Dearman)、スコット・テナント(Scott Tennant)、ウィリアム・カネンガイザー(William Kanengiser)です。
参考までに元となった「カノン」もはっておきますのでよかったら聴いてみてください。

収録CD・DVD、楽譜


収録CD「For Thy Pleasure
For Thy Pleasure1996年発売。
クラシック音楽の名曲がクラシックギターのカルテットとしてよみがえります。
[試聴]For Thy Pleasure

1. Brandenburg Concerto No. 6: I. Allegro 2.Brandenburg Concerto No. 6: II. Adagio ma non tanto 3.Brandenburg Concerto No. 6: III. Allegro 4.The Well Tempered Clavier: Prelude 5.No. 1 In C The Well Tempered Clavier: Fugue No. 1 In C 6.Brandenburg Concerto No. 3: III. Allegro 7.The Arrival Of The Queen Of Sheba 8.The Well Tempered Clavier: Fugue No. 3 9.Abdelazer: Rondeau 10.Monteverdiana: I. Toccata 11.Monteverdiana: II. Balletto 12.Monteverdiana: IV. Sonata 13.Fantasia Upon One Note 14.Little Fugue In G Minor 15.Concerto for Four Violins: I. Largo e staccato 16.Concerto for Four Violins: II. Allegro 17.Concerto for Four Violins: III. Adagio 18.Concerto for Four Violins: IV. Vivace 19.Canon In D: The Pachelbel ‘Loose’ Cannon

収録DVD「Lagq Live
Lagq Live [DVD] [Import]

ヨーク:クイッカン、J.S.バッハ:平均律クラヴィア曲集より 前奏曲、小フーガ ト短調、ブランデンブルグ協奏曲 第3番より 第3楽章、チャイコフスキー:くるみ割り人形組曲、カネンガイザー:ゴンガン、ヨーク:ジンベ、マックスウエル・デイヴィス:ストロムネスへの別れ、インティ・イリマニ:ティラーナの祭、タランテラ、タウナー:イカルス、パット・メセニー:レター・フロム・ホーム、リスト: ハンガリー狂詩曲 第2番、パッヘルベル:ルーズなカノン
<ボーナス・トラック>
「ロサンゼルスQ」が揃って会話。
LAGQについて語るペペ・ロメロ。

  ↓CD     ↓MP3     ↓楽譜     ↓DVD

あわせて聴きたい


Sunburst(アンドリュー・ヨーク)
Diablo Rojo(ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ)
Canon Rock(JerryC)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 24789c067d717f6c5d847e6911bd40ef
    謹賀新年!

  2. GAOHEWGII より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ofuru様
    こんばんは
    インターナショナルなお正月ってこんな感じかもしれないと思いました。
    スコット・テナントは凄いですね。ギターをバンバン叩くところも好きです。

  3. ofuru より:

    SECRET: 0
    PASS: 5fadf665824ff733f0a04c91ef1fbfed
    kashinさん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします!
    GAOHEWGIIさん
    スコット・テナント目立ってますよね!ルックスもインパクトありますが、この動画では自分の演奏で全体を支配しているような感じがしますね。