新譜情報『Plays the Sound of Philadelphia – A Tribute to the Music of Gamble & Huff and the Sound of Philadelphia』(ラリー・カールトン)

タイトル:Plays the Sound of Philadelphia – A Tribute to the Music of Gamble & Huff and the Sound of Philadelphia
演奏者:ラリー・カールトン(Larry Carlton)
楽器:エレキギター(band)
発売予定日:2010.12.18
4年ぶりの新録アルバム「Plays the Sound of Philadelphia – A Tribute to the Music of Gamble & Huff and the Sound of Philadelphia」発売。
Plays the Sound of Philadelphia - A Tribute to the Music of Gamble & Huff and the Sound of Philadelphia [Import CD]

1.Could it be I’m falling in Love 2.Backstabbers 3.If you don’t know me by now 4.Drowin’ in the the sea of Love 5.I’ll be Around 6.You make me feel Brand New 7.Bad Luck 8.Never Give you up 9.Mama can’t buy You Love 10.Only the Strong Survive 11.Mighty Love

内容紹介(amazonより引用)

今年(2010年)はB’z Tak Matsumoto とのコラボレーション作品「TAKE YOUR PICK」で話題騒然。また、そのタイミングで、晴れて、自らのキャリアの超ヒット曲を新録音で発表した”グレイテスト・ヒッツ・レコーディッド・ヴォリューム・ワン (Greatest Hits Rerecorded Volume One)”も正規に(CDRではなく)CDで発売になり、新しいファンの獲得とともに、根強い堅固な人気も堂々証明したラリー・カールトンが、なんと!新作発表!!です。純粋な新録コンセプト作品は2006年から4年ぶり。しかも、そのコンセプトは、フィラデルフィア・ソウル!なのです。折しも、今年 (2010年)は、フィラデルフィア・インターナショナル・レコードの本格的なリイッシューがスタート。ラリーが、その設立者であり、プロデューサー&ソングライターであるケニー・ギャンブル&リオン・ハフの楽曲に取り組むというのだから、コレは疑いなき超特大の話題盤!”一年365日、12分ごとに世界のどこかでギャンブル&ハフの曲がラジオから流れている”とは、ウソのようでいて、本当のデータだとか。それだけ、世界で(アメリカ中心としつつも)支持されている楽曲たち…しかも、ここで取上げられるのは、言わずもがなの名曲たちなのです。
フタを開ければ、聴き馴染のあの曲この曲。オープニングはスピナーズの力の抜けた歌いくちとは裏腹な切なさが滲むメロディをラリーならではのコンテンポラリー色でちょっとメロウにアレンジ..。原曲を知っている方も、知らない方も、そのラリー・サウンドにはまるのでは。また、絶品バラード名曲If you don’t Know me by now, You make me feel brand newなどは、究極の歌モノ・ギターで..。制作関係者曰く、”究極ナンバーのヴォーカル・パートをラリーのギターが歌いあげるという面白さを聴いてほしい”、とのこと。数々のPOPSのバックもつとめ、彩ってきたラリーこそのメロディを大切にしたギターアルバム! ビルボードのポップチャート、R&Bチャートを賑わした曲の数々。ビル・ラバウンティのヴォーカルもフィーチャーし、R**世代の心もわしづかみ!今年(2010年)の年末のとにかく、話題盤です。

ラリー・カールトンの公式サイトでもまだ告知はされておらず、残念ながら音源等は見つからなかったです。


(記/2010.11.27)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告