高崎 晃(Akira Takasaki)/エレキギタリスト名鑑

『技巧を極め、唯一無二のグルーブを追い求める“世界の高崎”』
出生:1962年2月22日
出身地:日本 大阪府大阪市
ジャンル:HR/HM
活動バンド:LAZY,LOUDNESS,solo,他
主な使用ギター:ESP・ランダムスター、キラー・KGプライム、他


おすすめCD


DISILLUSION~撃剣霊化~/LOUDNESS(’84年)
DISILLUSION~撃剣霊化~
おすすめ動画


Crazy Doctor

略歴


小学生の頃に兄弟の影響でフォークを始めた高崎は、その後エレクトリック・ギターを手にし、リッチー・ブラックモア等に影響を受けてハード・ロック・ギタリストとしてのプロ・デビューを目指すようになる。その彼が中学3年生の時に結成したのがレイジーだった。
彼等は当初レインボーやバッド・カンパニーのコピーをプレイしており、演奏力の高さもあって地元では有名なバンドであった。そんな中、テレビのオーディション番組に出演したことがきっかけで上京し、’77年にプロ・デビュー。しかし、本人たちの意向とは逆に、事務所の策略でアイドルとしての活動を強いられる事になってしまう。レイジーがHR/HMバンドとしての本質を発揮した姿を見るには、’80年の最終作『宇宙船地球号』の発表を待たなくてはならなかった。
宇宙船地球号
“世界に通用するメタル・バンド”を目指していた高崎は、レイジー解散後に樋口宗孝(dr)、二井原実(vo)、山下昌良(b)の4人でラウドネスを結成。高度なテクニックとキャッチーかつ高品質な楽曲に支えられたラウドネスは、
’81年のデビューと同時に人気が爆発し、日本にメタル・ムーブメントを巻き起こした。
中でも高崎の驚異的なタッピング技と構築美溢れるフレージングは、アマチュアのみならず世界中のプロ・ギタリストからも注目され、’80年代中期には海外での活動も本格化。日本でも数少ないワールドワイドな成功を収めたバンドとして、後続アーティストに刺激を与えた。
’90年代以降のラウドネスにはメンバー・チェンジが頻発すると同時に、音楽的にも大きな変化が訪れる。特に高崎がジミ・ヘンドリックスに強く傾倒していたこともあり事もあり、サウンドはサイケかつダークに。小手先のテクニックではなく、“ロック・ギターのグルーヴ”を追求し続ける高崎の、妥協なき信念がもたらした変化だった。
’00年のオリジナル・ラインナップ復活以降もヘヴィネス・サウンドを追い求め続けた高崎だが、近年はかつてのテクニカル・プレイの封印を解き、長い活動の中で掴んだグルーヴ表現術とフラッシーな技術を融合させた、独自のギター・サウンドを披露している。
関連書籍


書籍「100% 高崎 晃~LOUDNESS 30th Anniversary 撃剣鳴動~
100% 高崎 晃~LOUDNESS 30th Anniversary 撃剣鳴動~/YOUNG GUITAR presents(DVD付) (シンコー・ミュージックMOOK)これまでの活動を振り返るロング・インタビュー、詳細なディスコグラフィ、約60本に及ぶギター・コレクション、現在では入手困難な過去のヤング・ギター掲載のインタビュー記事、人気曲のギター・スコアと、盛り沢山のコンテンツを詰め込んでいます。
そして最大の目玉は、高崎がヤング・ギターのみに撮影を許可した奏法分析映像を収録した付録DVD。ここでは映像と連動した奏法解説記事を交え、世界を魅了したスーパー・テクニックの数々を惜しげもなく披露しています。

←エレキギタリスト名鑑一覧へ戻る

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告