ラリー・カールトン(Larry Carlton)/エレキギタリスト名鑑

出生:1948年3月2日
出身地:アメリカ カリフォルニア州トーレンス
ジャンル:ジャズ、ブルース
活動バンド:THE CRUSADERS,DR.MASTERMIND,solo,他
主な使用ギター:ギブソン・ES335、ギブソン・レスポール、ヴァレイアーツ・カスタム・モデル、他


おすすめCD


Larry Carlton/Larry Carlton(’78年)
夜の彷徨
おすすめ動画


JAZZY BULLETS

略歴


カールトンは、6歳から14歳までギターのレッスンを受けるが、当時の憧れはカントリー&ウエスタン系ギタリストのプレイである。後に硬派のジャズ筋から「ジャズにあらず、カントリー。」と揶揄されることもあったが、ルーツは確かにここにある。
デビューはマイナー・レーベルからの1枚だが、最初に話題となったのは’73年『Playing/Singing』だった。その後ザ・クルセイダーズの準レギュラーとなり、’76年『Southern Comfort』から正式メンバーとして迎えられる。
Playing/SingingSouthern Comfort
この頃からスタジオ・セッションの常連となり、そしてその最中の’78年にソロ作品『Larry Carlton』を発表。本作に収録された「Room 335」等のコード・プログレッションを活かしたビバップ的プレイは、当時のギター・フリークを唸らせ、アルバム自体もギター・インストものとしては異例のセールスを記録している。
夜の彷徨
’70年代のフュージョン・ムーブメントの中心的存在が、カールトンだったといっても過言ではない。
’90年代からはブルースに傾倒した作品を制作することが多かった。また、スムース・ジャズ・グループのフォープレイに、リー・リトナーの後任として’97年から参加していたが、’10年に脱退している。
当サイトで紹介したラリー・カールトンの名曲


Room335(ラリー・カールトン)
←エレキギタリスト名鑑一覧へ戻る

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告