The Bash(Dixie Dregs/スティーヴ・モーズ)

曲名:The Bash
演奏者:スティーヴ・モーズ(Steve Morse) ←クリックでギタリスト紹介へ
楽器:エレキギター(band)
収録CD:「Night of Living Dregs
収録DVD:「」
難易度(10段階):6
ジャンル:ハードロック
効能:ノリ↑↑
アメリカのジャズロック・グループ「DIXIE DREGS」によるアップテンポでノリノリな名曲。
明るいカントリー調なメロディを、エレキギターとヴァイオリンが熱い火花を散らして速弾きバトル!小気味いいサウンドに聴いているだけで陽気になっちゃいます。
「DIXIE DREGS」は、エレキギター・エレキベース・ドラム・キーボードにヴァイオリンを加えた異色のバンド。サウンドはプログレ、ハードロック、フュージョン、サザン・ロックと非常に多彩です。ギタリストは現ディープ・パープルのギタリストでもあるスティーヴ・モーズです。
演奏動画



1978年にスイスのモントルーで行われた「Montreux Jazz Festival」の動画です。
ギターとヴァイオリンともに粒のそろった速弾きプレイが楽しいです。
「3:56」からの2人の掛け合いは、まるで楽器を使って会話をしているようですね~
収録CD


収録CD「Night of Living Dregs
Night of Living Dregs1979年にリリースされた3作目のアルバムです。
1980年のグラミー賞の「Best Rock Instrumental Performance」にノミネートされています。収録曲は多彩で聴きやすい作品ばかりで、良い意味で作業用BGMにかなりいいかも。もちろんじっくり聴き込むのも飽きないと思います。


あわせて聴きたい


Scuttle Buttin'(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)
Summer Song(ジョー・サトリアーニ)
Jump Start(グレッグ・ハウ)
Wabash Cannonball(ドイル・ダイクス)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けしたインストなギターの名曲・名盤紹介所の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル大広告