デレク・トラックス(Derek Trucks)/エレキギタリスト名鑑

ロック/ブルースの伝統を継承し、柔軟な姿勢でサウンドを発展させた現代のギター・ゴッド

出生:1979年6月8日
出身地:アメリカ フロリダ州ジャクソンヴィル
ジャンル:ブルース、ロック、他
活動バンド:THE ALLMAN BROTHERS BAND,THE DEREK TRUCKS BAND,他
主な使用ギター:ギブソン・SG、ギブソン・レスポール、他

おすすめCD

Songlines/THE DEREK TRUCKS BAND(’06年)

おすすめ動画

Crow Jane

The Derek Trucks Band – Crow Jane (Live)

略歴

今やギター・シーンにおけるスライド・ギター最高の名手と言えば、デレク・トラックスの名を一番に挙げるリスナーが多いだろう。叔父がオールマン・ブラザーズ・バンドのメンバーとして知られるブッチ・トラックス(dr)で、父親も多くのレコードをコレクションしていたという。

音楽的に恵まれた環境下に育ったこともあり、早くから音楽に興味を持っていたデレクは、9歳の時に初めてギター(当初はアコースティック)を入手。エルモア・ジェイムスやデュアン・オールマン、ヒューバート・サムリン等に憧れていたという早熟な少年は、11歳の時にはプロ・ギタリストとしてステージに立つ程にその腕を上げていた。

そして12歳の時に自らのバンドを結成。ライヴにライヴを重ね、’97年に『THE DEREK TRUCKS BAND』でアルバム・デビューを果たすと、まだまだマニアックな存在ではあるものの、目ざといギター・ファンからは、若いながらも本格的なスライド・テクニックを駆使するデレクに注目が集まった。

さらに、叔父の在籍するオールマンズにも’99年より正式加入。アルバム『Hittin’ the Note』(’03年)への正式参加を経ることで、新世代のギター・ゴッドの1人としての注目度を高める結果となった。

デレクの音楽スタイルは、スライドを代表的テクニックとしている事や、影響を受けたアーティストの顔ぶれから、ブルースとしてのイメージが強いが実際のところはジャズやゴスペル、民族音楽等、様々な音楽に興味を示しており、なおかつそれらを自身の楽曲に取り込んでいる。その柔軟性こそが、高評価の一因といえよう。

’01年にグラミー賞にもノミネートされたスーザン・テデスキ(vo,g)と結婚。以降お互いのアルバムへのゲスト参加やカヴァー曲中心のソウル・シチュー・リヴァイヴァル名義によるツアーを行なっていたが、’10年からは2人でテデスキ・トラックス・バンドとして、パーマネントな活動を継続中だ。その間、デレク・トラックス・バンドは活動を休止している。

←エレキギタリスト名鑑一覧へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました