ジョージ・ベンソン(George Benson)/エレキギタリスト名鑑

出生:1943年3月22日
出身地:アメリカ ペンシルヴェニア州 ピッツバーグ
ジャンル:ジャズ、他
活動バンド:solo,他
主な使用ギター:アイバニーズ・GB10G、アイバニーズ・B200、他

おすすめCD

Breezin’/George Benson(’76年)

おすすめ動画

affirmation

george benson-affirmation (1976) (hd)

略歴

7歳の時にウクレレを、8歳の時にギターを始めたが、すぐにクラブでプレイするようになりその天才ぶりが評価されて10歳の時には早くもシングルの「She Makes ME Mad」をリリースする。

その後、ハイスクールを中退し、ジャズ・ギタリストとしてプレイするようになり、21歳の時にアルバム『The New Boss Guitar』(’64年)でソロ・デビューを果たす。

ウェス・モンゴメリー・タイプのギター・プレイで注目を集めたベンソンは、マイルス・デイヴィスの『Miles in the Sky』(’68年)に参加するなど、着実にステップ・アップを図ると、’70年代からはモダンでお洒落なコンテンポラリー・スタイルを披露していく。

自らヴォーカルも務めた楽曲を収録したフュージョン/R&B系の『Breezin’』(’76年)が大ヒットを記録した事で、その後も得意のスキャットを織り交ぜた自らのヴォーカル入り楽曲を積極的に取り入れた作品をリリースし、グラミー受賞作品も含む名作を数多く生み出している。

一方、近年はスムース・ジャズ系のインストゥルメンタル作品を中心にリリース。その華麗で繊細なギター・テクニックは多くのプレイヤーに影響を与えている。

関連書籍

書籍「jazz guitar book [ジャズ・ギター・ブック] Vol.32

使用ギター変遷やスタイル別奏法研究など、ジョージ・ベンソンの特集が組まれています。

当サイトで紹介したジョージ・ベンソンの名曲

Breezin(ジョージ・ベンソン)
爽やかなサウンドとメロディが印象的なフュージョンの名曲曲名:Breezin演奏者:ジョージ・ベンソン(George Benson)楽器:エレキギター(band)収録CD:「Breezin'」収録DVD:「」難易度(10段階):5...

←エレキギタリスト名鑑一覧へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました